RFデバイス・システムの高性能特性評価

高性能な掃引式スペクトラム性能と高度な測定ソリューションにより、アンテナ、増幅器、フィルタ、ミキサ、送信機とフェーズ・ロック・ループの機能パラメータを完全に特徴付けることができます。

RFコンポーネントの特性評価

設計を検証するには、RFコンポーネントの性能特性を理解することが重要です。 アンテナのチューニング、フィルタの特性評価、アンプの性能評価を行うにあたって、RSA5000は、困難な問題を解決するための性能と解析機能を備えています。

アンテナの特性とチューニング - トラッキング・ジェネレータ、VB1000方向性結合器、および自動化されたVSWR測定(標準装備)により、アンテナ性能を迅速に理解できるので、レンジを最大化して電力使用を最小限に抑えるよう最適化することがきます。

受動デバイスの特性評価 - 受動デバイスの特性評価を簡素化するために、追加のトレースとマーカを使用します。 フィルタの形状を掃引し、3dB帯域幅を測定し、増幅器または減衰器の性能を検証し、重要な信号レベルをマークします。

デバイスの性能を理解する - 高度な測定キットでTOIや3次オーダー・インターセプトなどの性能を自動的にテストし、増幅器とミキサーの性能をさらに検証します。

送信機の特性評価

Validating Transmitter performance is critical to insuring distance and power requirements are achieved and communications function reliably. The RSA Family Advance Measurement Kit automates important measurements like Total Power, Channel Power, Emissions Bandwidth, and Carrier to Noise Ratio.

Transmitters that incorporate frequency hopping or other complex modulation schemes can be difficult to debug with a traditional analyzer. The combination of visualizations and real-time capabilities of the RSA Family makes it possible to quickly characterize signal types such as 2FSK signals commonly used in automotive.

PLL検証

Phase-Locked Loops are a critical component in many RF Designs. Verifying PLL performance requires an understanding of locking time, bandwith and operational limits. The Real-time Density and Spectrogram views of the RSA500 allow the user to quickly characterize PLL performance and identify errors.


RSA Family Real-Time Spectrum Analyzers

新開発のLinuxベースのプラットフォームにより、エンジニアは複雑なRFイベントを迅速にキャプチャ、認識、解析できます

  • このクラス最高のリアルタイム性能
  • 豊富なデータ表示モード
  • 高度なトリガ
  • 優れた掃引式スペクトラム性能
  • 豊富な解析能力
Check out the
RSA Family Spectrum Analyzers