RFデバイス・システムの高性能特性評価

高性能な掃引式スペクトラム性能と高度な測定ソリューションにより、アンテナ、増幅器、フィルタ、ミキサ、送信機とフェーズ・ロック・ループの機能パラメータを完全に特徴付けることができます。

RFコンポーネントの特性評価

設計を検証するには、RFコンポーネントの性能特性を理解することが重要です。 アンテナのチューニング、フィルタの特性評価、アンプの性能評価を行うにあたって、RSA5000は、困難な問題を解決するための性能と解析機能を備えています。

アンテナの特性とチューニング - トラッキング・ジェネレータ、VB1000方向性結合器、および自動化されたVSWR測定(標準装備)により、アンテナ性能を迅速に理解できるので、レンジを最大化して電力使用を最小限に抑えるよう最適化することがきます。

受動デバイスの特性評価 - 受動デバイスの特性評価を簡素化するために、追加のトレースとマーカを使用します。 フィルタの形状を掃引し、3dB帯域幅を測定し、増幅器または減衰器の性能を検証し、重要な信号レベルをマークします。

デバイスの性能を理解する - 高度な測定キットでTOIや3次オーダー・インターセプトなどの性能を自動的にテストし、増幅器とミキサーの性能をさらに検証します。

送信機の特性評価

送信機の性能を検証することは、距離と電力の要件が満たされ、通信が確実に機能することを保証する上で重要です。 RSA5000拡張測定キットは、トータル・パワー、チャネル・パワー、エミッション帯域幅、キャリア対ノイズ比などの重要な測定を自動化します。

周波数ホッピングまたは他の複雑な変調方式を組み込んだ送信機は、従来のアナライザではデバッグが難しい場合があります。 RSA5000の視覚化とリアルタイム機能の組み合わせにより、自動車で一般的に使用されている2FSK信号などの信号タイプを素早く特徴付けることができます。

PLL検証

フェーズ・ロック・ループは、多くのRF設計において重要な要素です。 PLLの性能を確認するには、ロック時間、帯域幅、および動作上の制限を理解する必要があります。 RSA500のリアルタイム・デンシティとスペクトログラム表示により、ユーザーは素早くPLLの性能を評価でき、エラーを特定することができます。


RSA5000リアルタイム・スペクトラム・アナライザ

新開発のLinuxベースのプラットフォームにより、エンジニアは複雑なRFイベントを迅速にキャプチャ、認識、解析できます

  • このクラス最高のリアルタイム性能
  • 豊富なデータ表示モード
  • 高度なトリガ
  • 優れた掃引式スペクトラム性能
  • 豊富な解析能力
RSA5000スペクトラム・アナライザをチェックする