リアルタイム・スペクトラム・モニタリング

リアルタイム解析により、従来の掃引式スペクトラム・アナライザとは異なり、高速過渡RF信号を捕捉して視覚化する全く新しい方法が可能になります。

決して信号を見逃しません

現在のRF設計では、従来の掃引式スペクトラム・アナライザでは捕捉することが困難な、急速に変化するパルス信号を利用しています。 リゴルRSA5000は、7.45μsecの捕捉確率100%クラスを実現しており、これは7.45μ秒を超えるパルスが確実に捕捉され、正確に表示されることを意味します。

識別とキャプチャ

IoTデバイスの普及は、利用できるスペクトラムが混み合うトラフィックの増加を意味し、重要な関心のある信号を認識し、識別することが非常に重要になります。 RSA5000には高度なトリガ機能が搭載されているため、この作業が容易になります。

周波数マスク・トリガは、信号がマスクされた領域の内側または外側を横断したときにデータをキャプチャして表示できるので、エンジニアが重要な信号に焦点を当て、干渉信号を除外することを可能にします。

パワー・トリガを使用すると、リアルタイム・スパン内でパワーレベルが超過した場合にのみトリガし表示することができます。

トリガ入力と出力は、RFイベントを他のシステム要素と時間相関させ、システム問題の根本的な原因を迅速に突き止めることができます。

IF出力は、さらなる解析のために430MHzのキャリア上でリアルタイム帯域幅を再現します。

視覚化と解析

複雑な変調信号およびパルス信号は、パターンを識別して設計をデバッグする高度な視覚化ツールを必要とします。 RSA5000は、7つのリアルタイム視覚化モードを提供し、信号の挙動、電力、周波数、および時間を確認します。 6つのマーカ、4つのトレース・タイプ、およびトレース演算機能により、エンジニアはスパン全体での信号動作をすばやく解析して理解することができます。

リアルタイム表示モードを探る

RSA5000リアルタイム・スペクトラム・アナライザ

新開発のLinuxベースのプラットフォームにより、エンジニアは複雑なRFイベントを迅速にキャプチャ、認識、解析できます

  • このクラス最高のリアルタイム性能
  • 豊富なデータ表示モード
  • 高度なトリガ
  • 優れた掃引式スペクトラム性能
  • 豊富な解析能力
RSA5000スペクトラム・アナライザをチェックする